Reviews

雑草からの統合失調症

統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保  2018年12月5日 「統合失調症」は、およそ100人に1人はかかるという頻度の高い病気。しかし、周囲の無理解から偏見にさらされることも多い病気です。統合失調症の  2019年8月6日 私たちの脳では神経伝達物質のドパミンが目や耳から受け取った情報を伝達しています。しかし、統合失調症では部分的にドパミンの伝達が過剰になり、  統合失調症の症状を大きく分けると、幻覚や妄想などの「陽性症状」、意欲の低下などの「陰性症状」、臨機応変に対応しにくい「認知機能障害」があります。 統合失調症の4段階のステージ、前兆期、急性期、休息期、回復期について解説し に至るケースも増えたことから、他の人と変わらない日常生活を送る人が多くいます。

統合失調症の症状を大きく分けると、幻覚や妄想などの「陽性症状」、意欲の低下などの「陰性症状」、臨機応変に対応しにくい「認知機能障害」があります。

統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保  2018年12月5日 「統合失調症」は、およそ100人に1人はかかるという頻度の高い病気。しかし、周囲の無理解から偏見にさらされることも多い病気です。統合失調症の 

2019年8月6日 私たちの脳では神経伝達物質のドパミンが目や耳から受け取った情報を伝達しています。しかし、統合失調症では部分的にドパミンの伝達が過剰になり、 

統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保  2018年12月5日 「統合失調症」は、およそ100人に1人はかかるという頻度の高い病気。しかし、周囲の無理解から偏見にさらされることも多い病気です。統合失調症の  2019年8月6日 私たちの脳では神経伝達物質のドパミンが目や耳から受け取った情報を伝達しています。しかし、統合失調症では部分的にドパミンの伝達が過剰になり、  統合失調症の症状を大きく分けると、幻覚や妄想などの「陽性症状」、意欲の低下などの「陰性症状」、臨機応変に対応しにくい「認知機能障害」があります。 統合失調症の4段階のステージ、前兆期、急性期、休息期、回復期について解説し に至るケースも増えたことから、他の人と変わらない日常生活を送る人が多くいます。

2018年12月5日 「統合失調症」は、およそ100人に1人はかかるという頻度の高い病気。しかし、周囲の無理解から偏見にさらされることも多い病気です。統合失調症の 

統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保  2018年12月5日 「統合失調症」は、およそ100人に1人はかかるという頻度の高い病気。しかし、周囲の無理解から偏見にさらされることも多い病気です。統合失調症の  2019年8月6日 私たちの脳では神経伝達物質のドパミンが目や耳から受け取った情報を伝達しています。しかし、統合失調症では部分的にドパミンの伝達が過剰になり、  統合失調症の症状を大きく分けると、幻覚や妄想などの「陽性症状」、意欲の低下などの「陰性症状」、臨機応変に対応しにくい「認知機能障害」があります。 統合失調症の4段階のステージ、前兆期、急性期、休息期、回復期について解説し に至るケースも増えたことから、他の人と変わらない日常生活を送る人が多くいます。