Blog

大麻軟膏オランダとバレット

2019年6月24日 先日、SNSでフォロワーさんと交流していて気が付いたんですが、オランダに住んでいても 「オランダは大麻が合法」 だと思っている方は意外と多いみたいですね。 他の日本人の方にも同じこと言われたことあります。 オランダでも、まだ大麻は  2018年10月17日 カナダの大麻合法化をはじめ、近年、先進国では大麻に対する姿勢が大きく変化している。そんななか、世界に先駆けて約50年前から大麻が「許容」されてきたオランダから学べることを探して、「フィナンシャル・タイムズ」の記者が  オランダは「大麻」合法国として知られています。大麻吸引者にとって天国的な場所であり、その使用者は住民の半数を超えるともいわれています。そのため、完全な追放は不可能だという考えから、一定の管理下においてコントロールするという政策が取られてい  2019年11月17日 米国政府は医療用を含む大麻を一部を除いて認めていないが、ワシントン州、コロラド州、カリフォルニア州などの州で娯楽品としての大麻が限定的ながら合法になっている。オランダは、厳格なガイドラインのもとで大麻などのソフトドラックを「 

2018年10月17日 カナダの大麻合法化をはじめ、近年、先進国では大麻に対する姿勢が大きく変化している。そんななか、世界に先駆けて約50年前から大麻が「許容」されてきたオランダから学べることを探して、「フィナンシャル・タイムズ」の記者が 

オランダは「大麻」合法国として知られています。大麻吸引者にとって天国的な場所であり、その使用者は住民の半数を超えるともいわれています。そのため、完全な追放は不可能だという考えから、一定の管理下においてコントロールするという政策が取られてい  2019年11月17日 米国政府は医療用を含む大麻を一部を除いて認めていないが、ワシントン州、コロラド州、カリフォルニア州などの州で娯楽品としての大麻が限定的ながら合法になっている。オランダは、厳格なガイドラインのもとで大麻などのソフトドラックを「 

2019年11月17日 米国政府は医療用を含む大麻を一部を除いて認めていないが、ワシントン州、コロラド州、カリフォルニア州などの州で娯楽品としての大麻が限定的ながら合法になっている。オランダは、厳格なガイドラインのもとで大麻などのソフトドラックを「 

オランダの薬物政策(オランダのやくぶつせいさく)は、厳しい政策で薬物を完全に追放することは不可能だという前提に立った、オランダ政府の薬物(麻薬) 大麻などのソフトドラッグ使用者が多いオランダでは、ソフトドラッグを完全追放できないと考える。これを  2019年6月24日 先日、SNSでフォロワーさんと交流していて気が付いたんですが、オランダに住んでいても 「オランダは大麻が合法」 だと思っている方は意外と多いみたいですね。 他の日本人の方にも同じこと言われたことあります。 オランダでも、まだ大麻は  2018年10月17日 カナダの大麻合法化をはじめ、近年、先進国では大麻に対する姿勢が大きく変化している。そんななか、世界に先駆けて約50年前から大麻が「許容」されてきたオランダから学べることを探して、「フィナンシャル・タイムズ」の記者が  オランダは「大麻」合法国として知られています。大麻吸引者にとって天国的な場所であり、その使用者は住民の半数を超えるともいわれています。そのため、完全な追放は不可能だという考えから、一定の管理下においてコントロールするという政策が取られてい 

2019年11月17日 米国政府は医療用を含む大麻を一部を除いて認めていないが、ワシントン州、コロラド州、カリフォルニア州などの州で娯楽品としての大麻が限定的ながら合法になっている。オランダは、厳格なガイドラインのもとで大麻などのソフトドラックを「 

オランダの薬物政策(オランダのやくぶつせいさく)は、厳しい政策で薬物を完全に追放することは不可能だという前提に立った、オランダ政府の薬物(麻薬) 大麻などのソフトドラッグ使用者が多いオランダでは、ソフトドラッグを完全追放できないと考える。これを  2019年6月24日 先日、SNSでフォロワーさんと交流していて気が付いたんですが、オランダに住んでいても 「オランダは大麻が合法」 だと思っている方は意外と多いみたいですね。 他の日本人の方にも同じこと言われたことあります。 オランダでも、まだ大麻は  2018年10月17日 カナダの大麻合法化をはじめ、近年、先進国では大麻に対する姿勢が大きく変化している。そんななか、世界に先駆けて約50年前から大麻が「許容」されてきたオランダから学べることを探して、「フィナンシャル・タイムズ」の記者が  オランダは「大麻」合法国として知られています。大麻吸引者にとって天国的な場所であり、その使用者は住民の半数を超えるともいわれています。そのため、完全な追放は不可能だという考えから、一定の管理下においてコントロールするという政策が取られてい  2019年11月17日 米国政府は医療用を含む大麻を一部を除いて認めていないが、ワシントン州、コロラド州、カリフォルニア州などの州で娯楽品としての大麻が限定的ながら合法になっている。オランダは、厳格なガイドラインのもとで大麻などのソフトドラックを「